東海財務局津財務事務所との連携授業

四日市大学は東海財務局津財務事務所と連携協定を結び、「金融教育」を実践しています。

今回は、津財務事務所 理財課長 鈴木啓一様にご登壇いただきました。

第1回講義では「ライフデザインと資金調達」をテーマに、人生の計画をあらかじめ立てることの大切さを知り、どのように備えていくかについて学びました。

グループワークでは、「将来住む家は、賃貸にすべきか、所有にすべきか。」について、メリットとデメリットを考え、発表しました。

さらに、「18歳になったら、クレジットカードを持つべきか、持つべきでないか」について話し合いました。その後、資金調達について、

事業に必要な資金をどのように準備するのか考えることを通じて、銀行、信用金庫などの金融機関が会社とどのように関わっているのか、その役割について学びました。

津財務事務所の鈴木様、長嶋様、ありがとうございました。

次回の講義のテーマは「金融トラブルと投資のリスク」です。

関連記事

最近の記事

  1. 歴史的まちなみを活かしたまちづくりとは?

  2. 学部生が委員として会議に参加しました

  3. 多胎育児支援の地域偏差をなくすには?多胎育児の増進型地域福祉

  4. 「おもてなし特別講義a」の登壇企業が決まりました!

  5. 個人(家計)や企業経営者の投資行動

アーカイブ

TOP